浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

英語長文の勉強法について。

どうも、浪人部長です。
3月も終わりに近づいていますね。
出会いと別れの季節です。

新たな受験生が生まれ、受験を終えた者が去っていく。
受験結果がどうであれ、頑張った自分に嘘はありません。
ぜひ褒めてあげてください。

それでは、今回も質問に答えていこうと思います。
英語長文の勉強法についての質問です。


〜ここから〜


本題です。

英語長文の学習法ですが、英文構造把握とは、
長文の一文一文すべての文を構造分解する、という意味ですか?

これは形容詞で、関係副詞で〜とか。


〜ここまで〜


構造を把握する、ということの意味についての質問ですね。
僕の回答はこちら。


構造分解は、節と句の関係を把握します。
品詞レベルまで分解するのは時間がかかりますので。

主語がどれで動詞がどれで、この節はここにかかる。
これがわかればいいと僕は思います。


At that house began my happy life.

→(At that house) began my happy life.


これは「基本はここだ!」の英文です。

このように、意味を取りやすいように分解するってことです。

パッと見て英文の意味がとれるなら、
いちいち分解しなくても大丈夫ですよ。


質問、どんどんお待ちしています。

それでは。
Good Luck!!


受験勉強のスタートはここから

人気ブログランキング、あなたのおかげで急上昇中!

最新情報はメルマガで!

手の広げすぎにご用心。

どうも、浪人部長です。
更新する時間があるうちに更新していきたいと思います!

さて、あなたはいままでにどれくらいの問題集
参考書をこなしてきましたか?

こんだけやったのになんで結果が出ないんだろう
とお悩みのあなたに、今回はぜひ読んでもらいたい相談内容です。


〜ここから〜

英語についての相談です。

まずやった参考書は、ネクステ、Z会の英文解釈トレーニングの必修編、
富田の構文把握編、シス単3章ぐらいまで、
富田の英語長文144のルールが半分をやりました。

そこでなんですが、早稲田、慶應の法・経済になると
長文の量や質が格段に難しいし、単語量も半端ないと思うのですが、
どのように対策していくべきでしょうか??
よろしくお願いします。

あと僕の英語の偏差値は全統マークで60前後です


〜ここまで〜


これだけの参考書をこなせば、偏差値60前後というのは低すぎます。
つまり、内容が確実に身についていない、ということですね。
さて、解決策はあるのでしょうか?

僕の回答はこちら。


〜ここから〜


相談の件ですが、まず、やった参考書の内容が確実に身についているかどうか、
復習十分にできているかどうかを確認してください。

英文の意味はすらすら出てきますか?

音読のスピードで意味を取れますか?


また、単語についてですが、
今までにこなした英文に出てくる単語で、
意味が分からないものはないですか?


この3点が完璧ならば、おそらく偏差値は65を切らないと思います。

新しいものに手をつけるのではなく、
今までにやったことを確実に身に着けましょう

それができたら、あとは過去問や模試、問題集などで演習量を確保します。

くれぐれも復習を忘れないように。
英語読む→構造把握する→日本語読む→音読×20回 で、
意味の分からない単語が文中になくなればOKです。

とにかく、読むスピードと理解するスピードを近づけることです。
やったことを確実に身に着ける、ということを忘れないようにしてくださいね。

最後になりましたが、偏差値が高ければ合格するわけではありません。
あくまで志望校の試験問題で合格最低点を取ること。
これを忘れないようにしてください。


〜ここまで〜


今回あげた3点は、英語の勉強がうまくいってるかどうかの指針になります。

この状態目指して勉強していきましょうね。

ちなみに、よくいわれている偏差値が高ければ合格する、というのは間違いです。

模試でC判定とかD判定だった人が、
A判定やB判定の人をぶち抜いて合格すること、よくあるでしょ?

それは、その人が志望校に合わせた対策をしていたから。

僕も第一志望の判定はCでしたからね(^^;

この点をくれぐれも勘違いしないように。
受験勉強ってのは、偏差値を上げるゲームじゃないのですね。

この記事があなたの役に立ったならうれしいです。

それでは。
Good Luck!!


受験勉強のスタートはここから

人気ブログランキング、あなたのおかげで急上昇中!

最新情報はメルマガで!

英語の勉強について

どうも、ブログのほうでは半年ぶりですね(^^;
浪人部長です。

国公立の後期試験も終わり、結果待ちの人、また合格が決まった人、浪人が決まった人、
いろいろいると思います。

久しぶりの更新なのですが、今日は、メールで寄せられた質問の中で、
みんなの役に立ちそうなものを抜粋して回答したいと思います。

ずいぶん前の質問ですが、きっと同じ悩みを持ってる人もいると思います。

英語の勉強についての質問。
悩んでいるあなたはぜひ見てみてください。


〜ここから〜

結構英文が読めるようになってきました。
精読した後、何度も黙読した英文を音読したら英語のまま読める
という意味がわかったような気がしています。

確かに英語のまま読んだら倍くらいのスピードで読めますね。
でも実際の試験でも英語のままで読んでいくのでしょうか?
つまり自分の心の中で、一切日本語は出てこない状態ですか?

よろしくお願いします。

〜ここまで〜

英語が読めるようになってきたからこそ当たる壁ですね。
ここまでこられただけでも素晴らしいことです。

意味と構造を完璧に理解した英文を音読20回。

これ、ほんとに単純ですが一番英語が身に付く勉強法だと思います。

僕の回答はこちら

心の中で一切日本語は出てこないというよりは、
日本語にしようと思えばできるけど、その必要がない
っていう感じですね。

英文を読んで、その場面というか、意味がわかる。
日本語にしようとおもえばできる。 そういう状態です。

ですから、問題を解くときに、日本語にする必要があればしていきます
直したほうがわかりやすいという場合ですね。

本文を読むときは英語のまま読んで内容を理解。
解くときには、必要に応じて日本語に直す。

このようにして進めていくといいと思います。

〜ここまで〜

ちなみに、この質問をくれた人は、

意味と構造を完璧に理解した英文を音読20回

というのを忠実に繰り返した結果、この段階まで行きました。
期間は2ヶ月間です。

2ヶ月間やり続ける。
やっぱり、積み重ねが最後にはモノを言いますね。

それでは。
Good Luck!!

受験勉強のスタートはここから

人気ブログランキング、現在何位?

最新情報はメルマガで!

センター英語についてその2

すっかり秋めいてきましたね。

っていう挨拶がそろそろできるかと思いきや、
まだまだめっちゃ暑いですね(^^;

前回質問をいただいたのですが、それに関してまたメールが届きましたので、紹介します。

〜ここから〜

>時間内に解くことができない、ということですが、理由としては、
1.時間配分が悪い
2.英文を読む速度が足りない

指摘された通りで
前半に時間をとられすぎて
後半は解かずに
という場合が多々あります


文法は6〜7くらいで
アクセント発音がほとんど出来ません
長文の第6問は7割くらいで
第4,5問まで解けないので適当にマークする感じです;;

よろしくお願いします

〜ここまで〜

やはり、時間配分がセンター試験においてはネックになるようですね。

同じような悩みを持ってる人も多いのではないでしょうか。


僕の回答はこちら。


それではさっそく解決策を提案します。

>文法は6〜7くらいで
>アクセント発音がほとんど出来ません
>長文の第6問は7割くらいで
>第4,5問まで解けないので適当にマークする感じです;;

前半のほうに時間をかけてしまうということですが、
その分そこで点数が取れているのか、というと疑問ですね。

むしろ、配点は後半のほうが大きいわけですから、
後半に時間をかけるべき
です。

文法・アクセント・発音、全て間違えても
他が全部合えば7割は取れるわけです。

これは極端な例ですが、配点が大きいところに時間をかける
というのは、試験を受けるときの大原則です。

一度、問題を解く順番を変えて、得点が変わるかどうか試してみてもいいですね。

頭から解かないといけない、っていうルールはありませんので。

発音にしろアクセントにしろ文法問題にしろ、知らなければ解けないので、
問題を見て答えがすぐに浮かばなければ、そこでじっくり考えずに直感でマークしてしまいましょう。

どうせ2点です。

それよりももっと配点の大きい問題に時間をかけられるようにするべきです。

まとめると、知識で解く問題(発音・アクセント・文法)はすぐに答えが浮かばなければとばす、もしくは直感でマークする。

そこで浮いた時間で、後半の配点が大きい問題に取り組む。

これで改善されないようなら、問題を解く順序を変えてみる。


ご自身で試してみて、しっくりくる方法をとってください。


同じ悩みを持っているあなたもぜひ試してみてくださいね。

それでは。
Good Luck!!

受験勉強、何からやったらいいかわからない人はこちらへどうぞ

センター英語について

さすがに夜になるとすごしやすいですね。

昼間の暑いさなかに勉強するよりは、
朝や夜の涼しい時間帯に勉強するほうが効率がよさそうです。

それでは、相談をいただいたのでお答えします。

〜ここから〜

現在浪人してます
本格的に勉強を始めたのは今年の春からです

センターで8割以上取りたいですが…

英語は好きなんですが
実際は5,6割くらいしか取れません


毎日1題解くようにはしてます

でも模試とかで時間内に全部解く事が出来ません

要領が悪いんですかね;;

アドバイスよろしくお願いします

〜ここまで〜

センター英語についてです。

けっこう時間が足りないっていう悩みを抱えてる人が多いみたいなんで、参考にしてくださいね。

僕の回答はここから。

時間内に解くことができない、ということですが、理由としては、

1.時間配分が悪い

2.英文を読む速度が足りない


この2つのどちらかだと思います。

1の場合は、前半に時間をとられすぎているという場合が多いです。

長文に時間をかけられるように時間配分してみてください。

もしくは長文をじっくり読みすぎていませんか?


2の場合は、音読復習が足りないという場合が多いです。

すでに意味と構造が理解できている英文を、何度も音読してみてください。

それを繰り返すことで英文を読むスピードはかなり上がります。

英語の勉強法についてはこちらのページも参考にしてくださいね。


英語に限らず、センター試験は時間との戦い、という側面が大きいです。

普段から10分短く時間を設定して解く練習をすると、
本番であせることがなくなりますよ。

ぜひ試してみてください。

それでは。
Good Luck!!

受験勉強、何からやったらいいかわからない人はこちらへどうぞ

質問に答えます。

どうも、お久しぶりです。

今年も暑い夏が終わりましたね。

今日は、僕のメルマガに寄せられた相談にこのブログ上でお答えしていこうと思います。

僕は小さい頃から、人が怒られてたり、しかられてたりすると、
こっそり聞き耳をたてていました。

嫌なやつですか?

でも、それをしっかり聞いていれば、
同じ失敗を自分はしなくてすむわけです。

経験せずとも擬似的に体験できるんですね。

言いたいことが分かりますか?

つまり、他の人の相談内容を見ることが、
あなたのつまづきの解決になるかもしれない
ということです。

というわけで、さっそく相談内容にうつります。


〜ここから〜

はじめまして。
私は今女子大に通っているのですが、
この夏から真剣にもう一度受験をしたいと思い始めて
勉強することにしました。

英語政経暗記で覚えることができるのですが、
問題集をやっていても現代文がどうしても点数がとれません。
現役の時の模試では国語の偏差値が38だった時もあります。 

現代文はどのように勉強していけばいいですか?

〜ここまで〜


僕の回答はこちら。

現代文の勉強法、ということですね。

偏差値から察するに、本文自体がまず読めていないのだと思います。

本文を読む際に、問題に対する解答の根拠を探すのが、現代文の基本です。
つまり、問われていることに答えるために本文を読むということです。
言い換えると、解答の根拠は本文にあるということです。

ですから、まず、何を問われているかを意識して本文を読むこと。
一度やった問題でも、答えあわせの際に、
本文のどこにその解答の根拠があるのか、を探しながら読んでみてください。

現代文は一朝一夕に成績は上がりません。
入試現代文特有の読み方を身につける必要があります。

以上を意識して、もう一度、問題集を復習してみてください。

現代文については
http://rowninn.seesaa.net/category/1379910-1.html
こちらにも書いていますので、参考にしてください。


現代文は勉強するのが難しい科目ですが、
やり方さえ間違わなければ、センスは関係ありません。

参考になりましたか?

次回の更新をお楽しみに☆

それでは。
Good Luck!!

メルマガでは、最新情報を発信しています!

これを読まずに受験勉強ははじまりません。

模試の復習のしかた〜英語長文・記述〜

訪問ありがとうございます☆

ブログランキング、23位が定位置になりつつある……(><)


今日は、パトロンさんからの質問に答えるかたちで、
具体的な模試の復習のしかたを書きます。

模試の活用法も参考にしてください!

さて、まず、英語長文の復習について。

僕は、問題文の意味・構造・わからない単語を把握した上で、本文を音読

これを、

英文をぱっと見ただけで意味がとれる、構造がわかる、わからない単語がない。

という状態になるまでやりました。

ふだんやってる英語の長文の勉強と同じですね。

自分のものにする英文を増やす、といった感覚です。


つづいて、記述模試の復習について。

教科にもよりますが、解説を見ながら、間違った理由をあきらかにします。

知識不足なのか、答え方の違いなのか、それとも、問題文の読み違えなのか……。

これを把握した上で、正答するために自分に足りなかったところをおさえます。

あとは同じ。

次に同じ問題が出たときに、100パーセント答えられるようにする。

これです。


要するに、二度と同じ間違いをしなければ、いずれ100点が取れるってことです。

いちどやったことは確実に身に着けていきましょう!


○参考記事○

模試の活用法

復習の重要性


それでは。
Good Luck!!


ただいま23位!

人気ブログランキングはこちらから☆


受験勉強、何からやったらいいかわからない人はこちらへどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。