浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

夏休みの勉強法その3〜日本史は基礎事項を完璧に〜

お久しぶりです。
7月終盤から8月頭にかけて、怒涛のように忙しい日が続き、更新滞ってしまいました。

これからも頻繁に更新することが難しいのですが、少しでも役に立てるようにがんばります!

ブログランキング、これからどんどんランクアップ狙います!

ぜひ協力お願いします。


それでは本題。

今日は夏休みにおける日本史の勉強について書きます。

日本史は、夏が終わるまでに基礎事項を押さえておくと、秋以降問題演習に入りやすく、有利だと思います。

覚えることや範囲が非常に広いため、ポイントを絞って勉強する必要があります。

そのために使用するのが、過去問・模試。

過去問は過去に出たところがまとめられています。
そして、模試は出るであろう問題が出題されています。

つまり、この2つを押さえれば、ほかのところはある程度無視してもかまわないのです。
時間は有限ですから。
試験問題の8割は全体の2割から出されているのです。
だから、その2割を完璧にすれば、試験で8割取れることになるのです。

やり方は以前も書いたとおりです。

問われている内容を確実に押さえるということ、
そして、問われ方に慣れるということ。

この方法をとれば、頻出事項をビジュアル的におさえることができます。

そう、教科書が最良の参考書となるのです。

暑い夏、そんなに長い時間集中して勉強することは難しいです。
短い時間でも、集中して、勉強することを意識するようにしてください。

それでは。
Good Luck!!


限りある時間を、最大限に利用する。
つまり、最短距離で合格まで走りきる。
そのための方法論として、もっともお勧めできるのがこれ。

「高校中退から東大へ」式受験術


これには、筆者の天野さんが自身の受験経験をもとに作り上げた方法論です。
これを用いて、看護学校に通う普通の女の子であるにもかかわらず、
たったの6ヶ月間の受験勉強だけで東大に合格した人も本当にいます。
もちろん他の大学にも適用できます。

試験まであと6ヶ月。
自分の力を試してみませんか?


ただいま30位!

人気ブログランキングに協力お願いします!

夏休みの勉強法その2〜国語は古文を潰す〜

大雨が続いていましたが、大丈夫だったでしょうか?
僕は海の日、大雨にもかかわらず海ではしゃいできました(^^;
なかなか楽しかったですよ☆

ブログランキング、ランクダウンです……。

再浮上に協力お願いします!


それでは本題。
今日は夏休みの国語の勉強法について書きます。

国語でまずやるべきこと。
それは、現代文の読解の方法論を確実に身につけること。

ただ、これは今までの勉強で、完璧とは言わないまでも、
かなりのレベルまで到達しているはずです。

逆に言うと、到達していないなら何をおいてもまず、
方法論を固めることからはじめなければなりません。

直前にやって身につくものではないですから。

そして、そこまで身についているのなら、平行して古文を潰していきます。
漢文は最悪、試験1ヶ月前とかでも間に合いますが、
古文をその時期にやるのは辛いものがあります。

夏の間に基本をおさえておけば、秋以降、演習を重ねていくだけで力が維持できるので、
タイミング的にはいまがベストかと思います。

文法と単語。

まずはこの2点を潰します。

教材としては、以前にも紹介したステップアップノート30がおすすめです。

1日2ページ進めて、次の日は前日やったところを復習しつつ次の範囲へ。
DUOと同じ進め方をするといいと思います。

単語については、これまでに受けた模試、
または適当な単語帳
を使うといいでしょう。

これも同じ方法で進めていきます。

古文解釈の基礎までやってしまえると理想です。
それについてはここを参考にしてください。

夏の国語は、1に現代文、2に古文。

この順序で勉強するといいと思います。

それでは。
Good Luck!!


ただいま30位!

人気ブログランキングに協力お願いします!



夏休みに差をつけようと思うなら、周りが知らない方法論で勉強することです。
そのツールとして、

一人勝ちの記憶術


正統派の英語学習法


「高校中退から東大へ」式受験術〜6ヶ月で東大に合格できた!?


これらの方法論は、ほとんどの受験生、特に現役生は知らないです。
しかし、見てもらえれば分かるように、効果は抜群。

普通に勉強する何倍ものスピードでこなすことができるので、時間効率が上がります。
ということはその分、勉強量が増えるということです。

つまり、学力が上がらざるを得ないのです。

1度試してみることをお勧めします。

夏休みの勉強法〜英語は多読で決まり!〜

暑い日が続いていますが、体調は大丈夫でしょうか?
夏風邪にはほんとうに、気をつけてくださいね。

おかげさまで、ブログランキング、じわじわ上昇中です!

いつも協力ありがとうございます!



それでは、本題。

夏休みの勉強法各教科編です。
1回目の今日は、英語について。

タイトルにもあるように、僕が考える夏休みやるべきこと。
それは多読です。

今までにやった英文からセンターレベル、またはセンターよりも少し上くらいのレベルの英文を、数多く読んでいくことです。

それによって何が得られるのか。

それは習慣化です。

今までにやってきた、基礎文法、読解の方法論、英単語、
これらを新しい英文で生かすことができるようになるのです。

つまり、今までに身につけた方法論の使用を習慣化するということです。

今までにやった英文をとにかく音読します。
なんども、なんども、繰り返して。

そして、新たな英文を読んでいきます。
できるだけ数多く。

さらに、その英文をひたすら音読します。
なんども、なんども、繰り返して。

このスパイラルで、あなたの英語読解力は飛躍的に伸びるはずです。

こなしてきた参考書や問題集の方法論を、実際に使用する。

そしてそれを習慣化する。


これが夏休みにやっておくべきことだと、僕は考えます。

教材に関しては、英語の参考書を参考にしてください。


また、さらに高いところを目指すのなら、リスニングも取り入れましょう。
簡単な英文が録音されたCDやMDをひたすら聞くのです。

耳から英語を入れることによって、英文の定着率も高くなるし、読解のスピードも上がります。

ツールとしてはマジックトーカーズがお勧めです。

スクリプト、日本語訳をいつでも確認でき、スピード調整を9段階で調整できるほか、
ジーニアス英和・和英辞典も収録していますので、知らない単語があったら画面上の単語をクリックすればすぐに調べられます。

サイズもコンパクトで、持ち運びできるため、通学の電車内や予備校の休み時間など、空き時間に利用するのもいいと思います。

多少値は張りますが、音楽プレイヤー機能・翻訳機能もついているので、
それを補って余りあるものだと思います。

今すぐチェックしてみてください!

30時間分もたっぷり入っている手のひらサイズのリスニング教材!

次回は国語の勉強法について書きます。
お楽しみに☆

それでは。
Good Luck!!



ただいま26位!

人気ブログランキングに協力お願いします。

夏休みやるべきこと〜総論〜

お久しぶりです。
そろそろ暑くなってきて、部屋では勉強しにくいでしょうね。
まして学校の教室は地獄だと思います(^^;
涼しい図書館とか、自習室を利用するのがいいですね。

ブログランキング、更新が滞っていたためランクダウン↓↓
ランクアップに協力お願いします!



それでは本題。
今日から、夏休みの勉強法を書いていこうと思うので、参考にしてください。

夏休みやるべきこと。

いろんな意見があると思いますが、僕は、基礎事項の徹底。
これを推したいと思います。

秋以降、基礎事項をやっているようでは、試験に間に合わせるのは相当厳しいです。
基礎事項は夏の間に徹底して押さえておくと、スムーズに演習に入れます。

とはいっても、教科書を読んで、覚えて、という方法では時間がかかります。

「薄い問題集を各教科1冊ずつ、完璧に、自分のものにする」
という目標をたてるといいでしょう。

また、模試を積極的に受けて、活用してください。
自分の弱点、つまり足りない点をはっきりさせ、そこを補うためにも、模試を受けることは必要不可欠です。
客観的に自分の実力を見ることができるので、計画がすごく立てやすくなります。

過去問も意識するといいです。
その問題で問われている内容を自分が知っているのかどうか、確認するんです。
もし知らない知識があれば夏休み中に埋めてしまうべきでしょう。

リズム作りも重要です。
生活にリズムがあれば、だれることなく乗り切れるはずです。
この時間は集中する、と決めておくといいでしょう。

また、たまには思いっきり遊ぶこと。
ストイックにストイックに勉強していても、効率が悪いです。
たまに、ここが重要、たまには思い切りはめはずして遊んじゃいましょう。
ただ、次の日に影響しないように。
気分転換した次の日っていうのはすごくはかどります。
そこを寝てすごすのはもったいないので。

やったらやっただけ自信になるのが夏休みの勉強です。

自分はこれだけやったんだ、という自信を得るには絶好の機会なので、
ぜひぜひ、思いっきりやってみてください。

秋からスパートをかけると考えると、夏は助走の期間です。
助走で燃え尽きることなく、まただらだら歩くのではなく、
次のステップへつながるようにすごしてください。

次回は各科目ごとにやるべきことを書いていきます。
お楽しみに☆

それでは。
Good Luck!!

一人じゃなかなか勉強がはかどらない。
そんなあなたには、家庭教師という選択肢もあります。

家庭教師のトライが今なら無料体験受付中!


まずは無料で資料請求♪


受験勉強って、いわば抜け駆け合戦です。
ほかの受験生が知らないノウハウを使えばその分ぬきんでることができます。

「高校中退から東大へ」式受験術


いまからでも遅くはないです。
周りから一歩抜け出すチャンスをつかむかどうかはあなた次第。
検討してみてはいかがでしょうか。

ただいま29位!

人気ブログランキングに協力お願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。