浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

センター英語についてその2

すっかり秋めいてきましたね。

っていう挨拶がそろそろできるかと思いきや、
まだまだめっちゃ暑いですね(^^;

前回質問をいただいたのですが、それに関してまたメールが届きましたので、紹介します。

〜ここから〜

>時間内に解くことができない、ということですが、理由としては、
1.時間配分が悪い
2.英文を読む速度が足りない

指摘された通りで
前半に時間をとられすぎて
後半は解かずに
という場合が多々あります


文法は6〜7くらいで
アクセント発音がほとんど出来ません
長文の第6問は7割くらいで
第4,5問まで解けないので適当にマークする感じです;;

よろしくお願いします

〜ここまで〜

やはり、時間配分がセンター試験においてはネックになるようですね。

同じような悩みを持ってる人も多いのではないでしょうか。


僕の回答はこちら。


それではさっそく解決策を提案します。

>文法は6〜7くらいで
>アクセント発音がほとんど出来ません
>長文の第6問は7割くらいで
>第4,5問まで解けないので適当にマークする感じです;;

前半のほうに時間をかけてしまうということですが、
その分そこで点数が取れているのか、というと疑問ですね。

むしろ、配点は後半のほうが大きいわけですから、
後半に時間をかけるべき
です。

文法・アクセント・発音、全て間違えても
他が全部合えば7割は取れるわけです。

これは極端な例ですが、配点が大きいところに時間をかける
というのは、試験を受けるときの大原則です。

一度、問題を解く順番を変えて、得点が変わるかどうか試してみてもいいですね。

頭から解かないといけない、っていうルールはありませんので。

発音にしろアクセントにしろ文法問題にしろ、知らなければ解けないので、
問題を見て答えがすぐに浮かばなければ、そこでじっくり考えずに直感でマークしてしまいましょう。

どうせ2点です。

それよりももっと配点の大きい問題に時間をかけられるようにするべきです。

まとめると、知識で解く問題(発音・アクセント・文法)はすぐに答えが浮かばなければとばす、もしくは直感でマークする。

そこで浮いた時間で、後半の配点が大きい問題に取り組む。

これで改善されないようなら、問題を解く順序を変えてみる。


ご自身で試してみて、しっくりくる方法をとってください。


同じ悩みを持っているあなたもぜひ試してみてくださいね。

それでは。
Good Luck!!

受験勉強、何からやったらいいかわからない人はこちらへどうぞ
この記事へのコメント
確かに大問2の文法で考え込んでしまうと終わりですよね・・・

「配点が大きいところに時間をかける」
確かに理にかなってると思います。
自分も次回の模試で意識して行こうと思います(^^)/
Posted by ヴィンス at 2008年08月08日 18:57
ヴィンスさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

配点が大きい所によりおおくの時間をかけるようにすると、時間と得点との効率が高くなります。
普段の勉強でも出やすいところに時間をかけるように勉強してみてください。

模試がんばってくださいね!

それでは。
Good Luck!!
Posted by 浪人部長 at 2008年08月09日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。