浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

英語の勉強法その3〜音読のススメ〜

毎週忙しいって言ってる気がするけど、本当に忙しいです^^;
今日はスイミングのバイトの後、教習があって、その後家庭教師というスケジュールとなってます……。
充実してるのはいいんやけど、やりたいことが多くて時間のやりくりがかなりしんどいです。

僕の近況なんかどうでもいいと思いますので、本題に入ります。

今回は、音読について書いていきます。

結論から言うと、英語の勉強において音読は必須です。

特に、英文読解における音読の効果は特筆すべきものがあります。
以下、それについて述べます。

音読するときは、口を動かしますよね?
自分で声を出す、っていうのがポイントその1

そして、自分の声は嫌でも自分の耳で聞きますよね?
耳で聞く、っていうのがポイントその2

自分で声を出して読むことで、本当は理解していない場所っていうのがはっきりわかります。
驚くかもしれませんが、黙読だと読みとばしてしまう人が多いんです。

どういうことか? 

黙読のとき、無意識に、自分の理解できないところを
飛ばして読んでいる人が多いってことです。

これを防ぐためには音読が役に立ちます。
声に出して読むということは、読み飛ばしはできないということです。
そして、自分の耳で聞くので、間違いに気付きやすいのです。

また、前から英文の意味をつかむ練習にもなります。

黙読だと、同じところを何度も行き来しながら意味を考えることができますが、
音読だと、1度通り過ぎたところは返り読みができません。

つまり、読んだ順に意味を取っていかないと、
読み終わったときに内容が頭に残らないのです。

英文をなぜ読むかというと、試験問題に答えるためです。
そのためには内容が理解できてなければいけないのです。

まだまだあります。

英文のリズムを音読によって自分の体にしみこませることができます。
つまり、英文の構造を予測しながら読む練習になるっていうことです。

何度も何度も同じ文章を読んでいれば、
次はどんな単語がくるか、どんな内容か、
自然と予測できるようになります。

そしてこれをできるだけ多くの文章でこなしていけば、
初めて読む文章でも、構造を予想できるようになるのです。

そうなれば速読の練習なんて必要なくなりますよね。

ここで、注意があります。

それは、

意味がまったく取れない文章を音読するよりは、
すでに理解した英文を音読するほうが効果的だ


ということです。

意味がまったく取れていない、ということは、
その英文をいくら音読しても内容が頭に入らないということです。

つまり、上に挙げた効果は半減してしまう、ということです。

すでに理解できている文章を何度も何度も繰り返し読みましょう。
その繰り返しで、いずれ、初見の文章でも理解できるようになるのです。

音読の効果はかなり大きく、英語の勉強において必須である
ということがわかってもらえたでしょうか?

もしわかってもらえたなら、今すぐ、昨日読んだ英文を音読してください。
すぐに実行するということが重要です。

ささいなことですが、そのささいな差が最後に大きな差となって現れるのです。

回数の目安は20回です。
それだけ読めばその英文は自分の血肉となったといえるでしょう。
もちろん、その後の定期復習は必要ですが。

今すぐ実行してくれることを願って、今回はこれで終わります。
それでは。


英語を得点源にしたいなら、正統派の英語学習法をチェックしてみてください。

きっと新たな気づきが得られると思います。

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
どうもはじめまして。いきなりですが、うちのブログにここのリンクを張らせていただきたいのですがよろしいでしょうか?
Posted by 俊介 at 2005年06月29日 13:43
はじめまして。

リンク、もちろんオッケーです。
こちらからも後ほどリンクさせてもらいますね^^

アツイ気持ちを忘れずに勉強すれば、今年中の合格率はぐんぐんあがっていくと思います。

大変だとは思いますが、体に気をつけて頑張ってくださいね!

それでは。
Posted by 浪人部長 at 2005年06月30日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。