浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

模試の復習のしかた〜英語長文・記述〜

訪問ありがとうございます☆

ブログランキング、23位が定位置になりつつある……(><)


今日は、パトロンさんからの質問に答えるかたちで、
具体的な模試の復習のしかたを書きます。

模試の活用法も参考にしてください!

さて、まず、英語長文の復習について。

僕は、問題文の意味・構造・わからない単語を把握した上で、本文を音読

これを、

英文をぱっと見ただけで意味がとれる、構造がわかる、わからない単語がない。

という状態になるまでやりました。

ふだんやってる英語の長文の勉強と同じですね。

自分のものにする英文を増やす、といった感覚です。


つづいて、記述模試の復習について。

教科にもよりますが、解説を見ながら、間違った理由をあきらかにします。

知識不足なのか、答え方の違いなのか、それとも、問題文の読み違えなのか……。

これを把握した上で、正答するために自分に足りなかったところをおさえます。

あとは同じ。

次に同じ問題が出たときに、100パーセント答えられるようにする。

これです。


要するに、二度と同じ間違いをしなければ、いずれ100点が取れるってことです。

いちどやったことは確実に身に着けていきましょう!


○参考記事○

模試の活用法

復習の重要性


それでは。
Good Luck!!


ただいま23位!

人気ブログランキングはこちらから☆


受験勉強、何からやったらいいかわからない人はこちらへどうぞ
この記事へのコメント
わざわざ自分の為にありがとうございます!復習の仕方とても参考になりました

もう一つ質問聞きたい事があります!
間違えた所を中心に模試ノートを作っているのですが、日本史や英語の文法、文整序は間違えた問題が明確な為にすぐに作れるます。
しかし、長文の問題は設問全て出来ない訳ではないのでどのように作れば良いのか分かりません!
それなので長文のノートの作り方を教えてください!

Posted by パトロン at 2006年09月25日 09:43
先日は、私のブログ「AppleTree〜りんごの木〜」に訪問していただきありがとうございました♪
コメントを残していただいたり、ランキングクリックしていただいたり。。。
お礼に私もランキングクリックとコメントをさせていただきました☆
この記事の方法であれば、確かにいつかは100点を取れますよねw
私もいままでにやった問題を一つ一つ確実にしていこうと思います。
Posted by chiho at 2006年09月27日 14:46
パトロンさん

コメントありがとうございます!

あと、お返事遅れてごめんなさい(><)

長文の場合、どこかが読めてないから間違えたのか、設問の意味の取り違えなのか、答え方が違うのか、原因を追究してください。

その上で、ここに書いた復習をすれば、特にノートを作る必要はないと思います。
Posted by 浪人部長 at 2006年09月29日 01:35
chihoさん

コメント&応援ありがとうございます!

そう、間違った問題を二度と間違わなければいずれ100点が取れるんですよね☆

ということは、間違った問題を間違わないようにすることが確実に点数を上げることになるんです!

応援してます。
がんばってください^^
Posted by 浪人部長 at 2006年09月29日 01:38
わかりました!
浪人部長さんの長文勉強法のエッセンスを多いに盗ませていただきます。

ありがとうございました!
Posted by パトロン at 2006年09月30日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。