浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

スランプのときは〜発想の転換〜

お久しぶりです!

部活のシーズンが終わり、オフに入りました☆
というわけで……更新速度アップ!

今日は絶対にやってくる、スランプのときの考え方について書きます。

スランプってのは1年で1回はきます。

成績が伸び悩む。
勉強してるのに成果が出ない。

こんなとき、どう考えるか。

まず、理解しておきたいのは、成績の伸び方は、
きれいな曲線のグラフではないということです。

成績の伸び方は、階段状なのです。

最初のほうは、スロープみたいにスムーズに成績は上がるでしょう。
この期間は、これまで勉強してこなかった人ほど長いです。

しかし、いずれ段差がでてきます。
その段が高くなりだすと、なかなか成績は上がりません。

この期間が長くなったものがスランプです。

スランプ期は、やる気すら起きず、勉強量も稼げません。

でも、これを乗り越えるには、やるべきことを淡々とやるしかありません。

積み重ねていけば、いずれ、ポンっと、これまでが嘘のように成績は上がります。


成績の伸び方は階段状なのです。


そして、成績が伸びないのは伸びる前触れです。

階段を、ものすごく離れた場所から見ると、曲線に見えますよね?

そう、つまり、成績は上がり続けているんです。

スランプのときはその実感がわかないだけ。

実力はやった分だけ、確実についています。

やるべきことを淡々とこなしているのなら、成績は上がり続けています。

スランプのときは、自分を否定せず、今までやったことを振り返ったり、
自分が合格したときのことをイメージしたりしながら、
やるべきことをこなすだけのモチベーションを維持することが重要なのです。

それでは。
Good Luck!!


ただいま33位!

人気ブログランキングはこちらから☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23038928
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。