浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

知識を増やす魔法はない。

前回から少し間があきましたが、目標に近づいていますか?

僕はというと、ハリーポッターシリーズの最新作、
ハリー・ポッターと謎のプリンス を読んでいました。

今作もかなりエキサイティングで、面白かったです。
悲しい結末はありましたが……。

このシリーズのすごいところっていうのは、
魔法の定義、というか、範囲というのが非常にはっきりしていて、
ルールと秩序があるところだと思います。

できないことはできない。

魔法は万能なわけではなく、学ばなければ使えないし、
高度になればなるほど、練習も必要。

試験勉強も、魔法に頼ることはできません。
自分で勉強するか、友人に頼るかしないと落第です。


これは、現実世界でも同じことです。

知識を増やす魔法はないのです。

ただひたすら勉強するのみ。

方法論はあれど、魔法はありません。

けっきょく、時間×質が、知識量を増やす唯一の方法なのです。

質という点を限りなく高め、時間効率を上げるために、
僕が紹介しているような方法論があります。

けっして魔法のように知識が増えたり、
得点力が急激に上がったりはしません。

短期間で結果が出る方法というのは、
けっきょく、それに見合った勉強量が必要とされるのです。

魔法はない。

けれど、悲観する必要はありません。

やればいいんですから。

やる。

ただそれだけです。


やらなければ落ちる。

やれば受かる。


これが真実。


「あなたはやる人? それともやらない人?」


それでは。
Good Luck!!

ただいま21位!

人気ブログランキングに協力お願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。