浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

目標達成法

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


ものすごく久しぶりの更新になりますが、更新したくなったので更新します。
チェックしてくれているあなた、今、この記事が読めたというのはとてもラッキーですよ。

なぜか?

ものすごく大事なことを今から書くからです。
本当に、どんな本を読むよりも先にこれを読んでほしいくらいです。

それは、目標達成法です。

ゴールがなければ人間は走り続けられないのだから、目標設定というのは一番大切といっても過言ではないわけです。
誰だって「用意、ドン」っていきなり言われても「は?」ってなりますよね?
ゴールがはっきりしているからこそ走り始めることができるんです。

そしてゴールから逆算して今日やるべきことを割り出し、淡々とやる。

これが目標達成の極意なのです。

では具体的にどうするか。

来年の今頃はどうなっていたいか?
じゃあ半年後は?
3ヶ月後は?
1ヶ月後は?
1週間後は?
明日は?
そのために今日何をやる?



これを毎日紙に書く。

これは浪人時代に身につけた目標達成の技術です。
僕は必ず紙に書きます。

そうすることで、常に目標を意識することができるからです。

多くの人が目標を達成できないのは、目標を忘れてしまうから。
目標を常に意識し続けられれば、自動的に達成できます。

注意してほしいのは、具体的であればあるほど、達成しやすくなるということです。
つまり、偏差値60にするという目標よりも、この問題集のこのページを全問自力で解けるようにするという目標の方が上だということです。

やるべきことがはっきりすれば人間はやる力を持っています。

センターまで後わずか。
やりましょう!

それでは。
Good Luck!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。