浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

中心を押さえる。

さて、連続更新8日目突入!

いつも訪問してくれてるあなた。
あなたのおかげで記事を書くモチベーションが保てるんです。
コメントつけてくれたらさらにやる気でるかも♪

ランキングは26位に定着気味。

トップ10入りにぜひ協力ください!

それでは、本題。

中心を押さえるということについて。

「削る」ことの重要性もあわせて読んでみてください。

なんにでもあてはまることですが、物事には中心があります。
軸、といってもいいでしょう。

その中心をおさえれば、
8割がたその物事を理解したことになる。

つまり、勉強していく上でなによりも重視することは、
その科目の中心となる事柄を押さえるということです。

そして、中心というのは、全体の2割程度に過ぎません。

つまり、全体の2割をおさえることで、
その科目の勉強は8割がた終わった事になります。

ある科目の重要な項目というのは、全体の2割にすぎず、
そこを押さえれば、8割の得点を得られる。

それが中心を押さえるということです。

中心とはいったいどこなのか。

それは、過去問を分析することによって知ることができます。

過去問で繰り返し問われる内容。

それを細分化していき、最後に残ったもの。
それが中心です。

そこを集中的に勉強し、つぶすのです。


過去問を分析し、細分化していく。

その過程で抽出されたものを順につぶしていく。



そうすることで、2割の努力で8割の成果を上げることができるのです。

このことについては、参考書レビューその9で述べたこの本や、
「高校中退から東大へ」式受験術でも述べられています。

学校ではまず教えてくれません。
だって、2割の努力でいい、なんていう先生、いないでしょ?

でも、無駄な努力するくらいなら、その時間を他のことに当てるほうが、有意義だと僕は思います。

このサイトを利用して、最短距離で合格してください。

それでは。
Good Luck!!


ただいま26位!

人気ブログランキングに協力お願いします。
この記事へのコメント
私は今フリーターをしてるのですが、大学へ行って資格を取りたいと思ってます。そのための参考にさせて頂きますo(^-^)o
ここにこられて良かったです☆ミ
Posted by かずみん at 2009年05月09日 00:44
かずみんさん

コメントありがとうございます☆
そう言ってもらえてすごくうれしいです!

最近更新がなかなかできておらず申し訳ないですが、これまでの記事を何度も繰り返し読んで実践していけば結果が出るということは、自信を持って言えます。

これから一緒に頑張っていきましょう!
何かあれば気軽にメール・コメントしてくださいね。

それでは。
Good Luck!!
Posted by 浪人部長 at 2009年05月10日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17450594
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。