浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

目標設定のしかた。

さてさて、連続更新4日目です。
いったいいつまで続くのか!?

今日は前回の細分化して努力するに関連して、
目標の立て方を具体的に書いていきたいと思います。

いい目標とはいったいどんな目標なのか。
以下、その条件についてくわしく述べていきます。


1.具体的であること。

例えば、「中学の英文法をマスターする」といったように、
具体的な内容であることが第1の条件です。

抽象的なこと、例えば、「英語力アップ」などという目標を立てても、
どのように進んでいけばよいか、その道筋が見えてきません。

具体的な目標を設定することで、その達成の道筋が明らかになるのです。

いいかえると、達成の道筋が明らかである目標が、
いい目標であるというわけです。


2.達成可能であること。

1日に16時間勉強する、といったような、
達成が困難な目標は、良い目標とはいえません。
先にも書いたように、達成までの道筋が明らかである目標が、いい目標なのです。

達成困難というよりはむしろ、「こんなに簡単でいいの?」と思うくらい達成が容易である目標を立てるべきです。

成功報酬を得やすくするためです。

簡単な目標をいくつも、何度も達成していく過程で、
勉強に対する苦痛がなくなり、快楽へと変わるのです。

勉強が楽しくなる秘訣というのは、
簡単な目標をたて、それを達成することです。


3.期限があること。

期限を切らないと、目標を立てる意味がありません。

この、期限設定というのが、自分に対するプレッシャーとなり、
集中して勉強に取り組むエネルギー源となるのです。

脳みそに、適度なプレッシャーを与えてやることで、
その動きが活発になり、能率があがるのです。

暗記にしても、1分でどれくらい覚えられるか、
というように、時間を区切ったほうが、
漫然と暗記するより断然効率がいいはずです。


4.客観的に達成度合いを測れること。

例えば、「英語長文を3つ読む」というように、
達成度合いがひとめでわかるような目標をたてるべきです。

「高校英文法を理解する」といったように、
理解度がひとめでわからないような目標は避けるべきです。


5.自分で決めること。

これは、当たり前の話ですが、今までは違ったかもしれません。
これまでは教師が課題を提示し、自分はやるだけ。
それで定期テストは点が取れました。
しかし、受験ではそうはいきません。
あくまで受験するのは自分なのです。
自分で目標を設定し、自分でそれにむかって実践を繰り返す。
これができなければ合格はありません。

自分で目標を設定するということは、責任を自分で負う、ということです。

自分で建てた目標を達成しようとするのと、
人から提示された目標を達成しようとするのでは、
そのモチベーションが大きく変わってきます。


最後にもう一度まとめておきます。

目標は、

1.具体的に
2.達成可能で
3.期限を定め
4.結果を客観視できるものを
5.自分で設定する


という5ステップで設定します。

そして、目標を立てるときに頭に入れておくべき考え方が、
未来を実現する方法です。

これもあわせて読んでおいてください。

それでは。
Good Luck!!


人気ブログランキングに協力お願いします

「高校中退から東大へ」式受験術〜6ヶ月で東大に合格できた!?



お金で時間を買い、成功して自由を手に入れる!

最短距離で夢をかなえる方法とは?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。