浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

参考書レビューその4〜漢文〜

漢文というのは古文と並んで位置づけがあいまいというか、
勉強時間を配分しにくい科目だと思います。

センター試験を考えても、50/200しかありません。

しかし、だからこそ差がつく科目であるともいえるのです。

このことを踏まえて、今回紹介するのは、

田中雄二の漢文早覚え速答法

という本です。

この本は、漢文の試験で重要なのは読むことができるということで、
そのためには、漢字の読み方よりもむしろ、それ以外の読み方が大切だ、というスタンスで書かれています。

重要なことは各章の冒頭でまとめられており、
覚えるべきことと慣れるべきことが分けてあるので、
メリハリがあり、勉強もしやすいです。

なにより、覚えることが最小限に絞り込まれていて、その上効果は抜群。
時間効率のよさという点では文句のつけようがありません。

また、巻末には漢文の勉強法もかかれています。

そこでは、

音読の重要性

が述べられています。

漢文を読めないと問題は解けません。

そして、読めるようになるためには、音読が不可欠なのです。

この本を終えた後、語学の勉強は音読が重要である、
ということが身にしみてわかるでしょう。

特筆すべきは、巻末の重要項目だけで書かれた漢文です。

この漢文はかなり有用で、この本の各項をざっと読んだ後、
この文章をひたすら音読すれば漢文の試験は恐るるに足りません。

実際、僕がこの本を終えた後は、
漢文でミスすることはほとんどなくなりました。

著者の写真は胡散臭さ抜群ですが、
内容は入試漢文の最高峰ではないでしょうか。

総合評価☆☆☆☆☆

この本必読です。

それでは。



人気blogランキングへ
この記事へのコメント
僕は今は大学生だけど来年は浪人だよぉw
漢文はこの一冊だよね!もう買った!
写真は確かに胡散臭い(●´∀`●)
Posted by ケンジ。 at 2005年02月05日 19:06
再受験ってことですね。
色々大変なことがあると思うけど、負けんように頑張ってください。

漢文はこの1冊で十分でしょう。
最低8割は確保できると思います!
Posted by 浪人部長 at 2005年02月09日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。