浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

受験勉強はじめの一歩。

受験勉強を開始するとき、まずはじめに何をやるべきか。

それは過去問の分析です。

つまり、受験勉強をしよう、と思ったその瞬間、
過去問を買いに書店へ走るべきなのです。

受験勉強をする上で、もっとも重要で、欠かせないこと。
それが過去問の徹底分析なのです。

なぜか。

受験勉強の目標というのは、志望校の試験で合格点を取ることです。
ということは、志望校の試験に出る問題だけ勉強する。
これが合格への最短距離なのです。

そして、試験に出る問題を知るために欠かせないもの。
それが過去問なのです。

過去問というのは、本番の試験にもっとも近いものです。

過去問を分析し、合格点を取るためにやることを具体化し、
そして実行する。

これが無駄なく合格するためのもっとも重要なポイントです。


過去問を分析することで何がわかるのか。

出題傾向。
出題範囲。
出題形式。
頻出事項。
解答の方法。
解答に求められるレベル。
合格最低点。


つまり、本番の試験で合格点を取るという目標への、
最短距離を走るために必要な情報が網羅されているのです。

ゴールがどこにあるのか。
これをつかまなければ無駄が多くなります。
無駄なくゴールへ向かうためにも、過去問の分析は必須なのです。

自分の実力と、求められる実力の差を把握し、
それを埋めるにはどうすればいいか。

これを過去問によって知ることができるのです。

過去問によってやらなければならないことを抽出し、
それだけを集中的にやる。


これがもっとも無駄なくゴールまでたどりつく方法です。

常に頭においておくようにしてください。

過去問分析の具体的なやり方については、また次回書きます。

それでは。
Good Luck!!


人気ブログランキングに協力お願いします。


「高校中退から東大へ」式受験術〜6ヶ月で東大に合格できた!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17187950
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。