浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

完璧主義は敵。

受験における大敵のうちの1つは、完璧主義です。

自力で問題を解こうとする。
わからないところを素通りできずに、理解するまでそこにとどまる。
1つの問題に時間をかけすぎる。
結果的に、問題集が先へ進まない。

完璧主義は百害あって一利なしです。
受験勉強の方法論の基本は、問題集の選び方・使い方でも書いたように、


切捨て御免・大量反復・カンニング


この3つです。

1回読んで理解できない時は、何度も同じところを読むのではなく、
とにかく1周してから、もう一度読むんです。

つまり、問題集は、何周も何周もするものなので、その場では理解できなくとも、
何度も繰り返しているうちに理解できるようになるのです。

わからないところはとりあえず無視して先へ進む。
とにかく1周する。
空白はじょじょに埋めていけばいいんです。
色を何度も何度も塗り重ねるイメージです。

何度も何度も反復し、繰り返すことで、理解がすすみ、知識が定着するのです。

いらないところは切り捨て、わからないところは答えを見て、必要なところだけを大量反復。

これが受験勉強の方法論の根幹をなすものです。
こうすることで、周囲の受験生に比べて、大きなアドバンテージが得られます。

時間は限られています。
自分の好きなこともしたいでしょう。
それなら、ムダは省くべきです。

徹底的にムダを省いて、この1年を有意義で楽しいものにしましょう。


英語学習の最短距離なら正統派の英語学習法をチェック。


独学の強い味方、Z会の資料請求はこちらから





暗記に苦労しているなら、一人勝ちの記憶術をチェック。

記憶の方法論が満載です。


即断即決でどうぞ。

それでは。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16167081
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。