浪人のススメ。

一浪することですばらしい勉強法と良質な参考書、500冊の読書からなる膨大な知識を得た。
そこから導き出した、最短距離で試験に合格する方法をあなただけにプレゼントします。

英語の勉強法その5〜まとめ〜

これまでに書いた英語の勉強法をまとめておきます。

あくまで読解中心に勉強する。

そして、その中で、基本的な語彙基礎英文法を身に着ける。

文法問題は、演習を中心に、時間を割き過ぎないように注意する。

ツールとして、音読リスニングを活用する。


これをさらに詳しく説明すると、

英語の試験で、配点の大きい読解問題を中心に勉強する。

その過程で、英語の勉強法その1で述べた方法を用いて、語彙の強化をはかる。

また、基礎英文法というのは、英文を読むための文法のことで、
これも、読解を勉強する過程で身に着ける。

そして、文法問題対策としては、演習を中心にこなし、
完璧にするというよりむしろ、8割は取れる、というところまでもっていく。

これらのツールとして、今までに紹介した参考書を用いる。

それと同時に、音読、リスニングを有効活用して、さらなるレベルアップを図る。

以上が、僕の英語の勉強法のまとめです。


その他に、英語学習法としてとりあげたいのが、

正統派の英語学習法


というノウハウ。

こちらは、受験英語に限らず、TOEICまでカバーしています。
1年間で900点獲得までの最短距離を知ることができるでしょう。
そして、実用英語への架け橋として用いることが可能です。

この学習法の筆者は、高校2年の夏には45だった偏差値を、春には70オーバーまで引き上げています。

英語の勉強に苦痛を覚えてる人、どうしても短時間で英語を身につけたい人、必要にせまられている人、さらに、英語が苦手な人までオッケーというわけです。

また、1年間で2000語を覚えるノウハウも紹介。
この機会に、手にとってみてはいかがでしょうか。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15882816
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。